魚が入ったドッグフードのメリットって?

魚が入ったドッグフードのメリットって?

魚を使用したドッグフードには、どんなメリットが隠されているのか知っていましたか?
実は魚を使用したドッグフードは、犬のために良い効果が数多く含まれていることが分かりました。
愛犬といつまでも一緒に過ごしたいと考えているのなら、このドッグフードは必見です。

魚を使ったドッグフードには、犬の健康を維持するうえで欠かせないものが含まれています。
骨を作る上で欠かせないカルシウムや、健康的な毛並みを維持するためのオメガ3脂肪酸が挙げられます。
これは人間にとっても良い栄養素ですし、犬もまた同じような栄養素が、健康的で長生きをする秘訣だと言われています。
犬もまた、人間同様にストレスがある生き物です。
そんな犬のストレス緩和には、魚のカルシウムが必須だと言われています。
その他にも、タンパク質やタウリンなど、人間に必要不可欠な栄養素も、犬にとっては大事なものなのです。
タンパク質は健康で丈夫な体を作る栄養素ですし、タウリンは動脈硬化の予防に役に立ちます。

以下に魚を使用したメリットを、具体的に記載してみました。

①高齢犬に安心の低カロリー高たんぱく
オメガ3脂肪酸やカルシウム、タウリンなど脳機能改善、心臓疾患、胆石などの予防にも役立ちます。
犬でも高齢になれば脳機能に影響が出てきますので、魚を使ったものは非常に有効なのです。
また魚入りですと、EPAやDHAも多く高齢犬には最適ですし、高血圧予防などにも効果があります。

②アレルギー症状の改善に効果的
食物アレルギーを持っている犬の場合、魚のほうが肉よりもアレルギーの影響が無いと言われています。
実は肉よりも魚のドッグフードほうが、アレルギーになりにくい食材を使っているので安心なのです。
ちなみに食物アレルギーになりやすい、牛肉・鶏肉・牛乳・小麦・卵・大豆・とうもろこしなどを使った食材は、魚系の餌にも多少は見られるので、注意して選ぶようにしましょう。

ここまで読んでみて、ドッグフードは肉よりも魚の方が良い、ということがお分かり頂けたと思います。
通常はしっかりと殺菌処理をしているので、食材をそのまま与えるよりも遥かに安全といえるでしょう。

犬も人間と同じように、健康的な食生活を送ることが大事なんですね。
日々のドッグフードを今一度見直していきたいものです。