残飯をドッグフードの代わりにして問題ありませんか?

残飯をドッグフードの代わりにして問題ありませんか?

人間が残した食事の一部をドッグフードとして与えるのは大丈夫なのでしょうか?
昔は良く、味噌汁をかけたご飯を飼い犬に与えている人も多かったと思いますが、これが大きな間違いなのです。
ドッグフードの代わりに残飯を与えているととんでもないことになります。

昔は犬のエサは、人間が残したご飯に味噌汁をかけたようなものが多かったと思います。
今ほどドッグフードというものが無かった時代で、しょうが無いといえばそれまでですが、実際に人間が大丈夫な食べ物でも犬にとっては、体に負担をかけるものが多いのです。
特に人間の食事は、塩分や糖分が必要以上に入っているので、犬は腎臓病になる確率も大幅に上がります。
玉ねぎや油っぽい食べ物もまた、犬にとっては良くないものですから、与えるのは避けた方が無難だと思います。
また犬は体内に酵素を持っていないので、小麦などを消化することが出来ません。
そのためパンを与えることも控えてください。

逆に犬にとって良い食事とは一体何なのでしょうか?
私たち人間と同じような食事を犬に与えたいのでしたら、肉などは焼いたものだけにしたり、生野菜を止めて蒸したりゆでたりする、温野菜を与えるようにしてください。
とにかく味付けをしないということ、これだけは頭に入れておきましょう。

一番良いのはドッグフードですが、中には品質も悪いものも多く存在します。
最終的には、しっかりと飼い主であるあなたが、判断しなければなりません。
特に私たち人間が美味しいと思える食事は、犬にとっては相当味が濃い食事となります。
そのため、あちこちの臓器に負担をかけるのは言うまでもなく、今は良くても将来何らかの病気を発症してしまうかもしれないのです。
そのため多少値段は張っても、栄養バランスに優れたドッグフードを選ぶのが一番なのです。

私たちが良かれと思って出した食事も、犬にとっては体に受け付けない食事だったりするものです。
ドッグフード以外の食事は危険なものも混ざっている可能性があるので気をつけましょう。
また、しつけ上ドッグフードよりも人間の食事を優先させましょう。