意外と知らないドッグフードに含まれた栄養素がコレ

意外と知らないドッグフードに含まれた栄養素がコレ

ドッグフードにはペットの健康を守るために、さまざまな栄養素が含まれています。
しかし、人が食べるものとは異なり、原材料に使う肉類や穀物などのバランスもそれぞれ違います。
一般的なドッグフードには果たして、どのような栄養素が含まれているのでしょうか。

ドッグフードの中には、犬の身体を形成するための大事な栄養素が含まれています。
動物性のタンパク質はもちろんですが、その中でもビタミンはかなり重要だと言われています。

ビタミンには、免疫力を上げる働きや、血流の改善などの効果があり、不足してくると毛並みが悪くなることは分かっています。
またビタミンが不足することで、筋肉量が減ってきたり、異常に疲れやすくなったりします。
そのため、ビタミンは犬にとって無くてはならない栄養素の一つなのです。
ドッグフードの中には、リノール酸やαリノレン酸などの材料が使用されており、免疫力の向上や脳細胞の活性化にも役立ちます。
またミネラルについても同様であり、骨を作る働きがあり血液の流れを良くしてくれます。

しかしいくらビタミンを含んでいようとも、人工的に作られたビタミンは健康に悪影響を及ぼしかねません。
ドッグフードの中には、科学的に合成されたビタミンも多く存在するので注意が必要です。
実際に購入する際には、しっかりとパッケージの裏面を見て、合成されたビタミンではないことを確認してください。

高齢の犬や病気の犬は、免疫力が落ちている可能性があるので、ドッグフード選びには細心の注意を図るべきです。
もしも、お探しのフードが見つからない場合は、無添加で材料にこだわった食材を購入したり、無農薬の野菜や肉を使って手作りの餌を作っても良いのかもしれません。

犬にとって必要な栄養素は、穀物や肉以外にも、他の原材料で補う事ができます。
その一つが、サーモンやタラといった魚を使ったものです。
肉類同様、新鮮な状態の原料を乾燥させ、食べやすいように加工されています。
もし今与えているドッグフードについて、あまり食いつきがよくない時には、こういった原料を含む餌を与えているのもよいでしょう。