ドッグフードって人間が食べても害は無いの?

ドッグフードって人間が食べても害は無いの?

犬が食べている食事を人間も食べられるのではと思ったことはありませんか?
缶詰タイプの餌を見るとツナ缶に近いですし美味しそうだと思ってしまったあなたのためにペットフードを作っている会社が何と答えているのか調べてみました。

まず結論から言えば、ドッグフードに限らずキャットフードでも、人間が食べても害がないというのが本当のところです。
もともとドッグフードには、人間が普段食べている肉や魚、野菜などを原料として作られています。

また、犬の健康を守るために、衛生面でもしっかりとした対応がなされています。
仮に、間違えて人間が食べてしまった場合の事も考えて作られているのですから、安全面では徹底しているのです。

しかし、ドッグフードが食べられるからと言っても、味や健康の保証はできません。
その理由として、犬に過度な塩分を与えないような作り方をしているからです。
また、原料として使われる肉類には、普段人間が口にしないような動物の爪・骨といった部分も含まれているため、消化が悪いといえます。

万が一、人間がドッグフードを多く食べてしまった場合、栄養障害を引き起こすだけではなく、腸閉塞などの病気の原因にもなります。
そのため、毒味として口にする場合には、スプーン1杯分程度で抑えておくとよいでしょう。

また近年では、人が食べても害が少ない、もしくは害がないドッグフードというのも販売されています。
これらは「ヒューマングレードドッグフード」と呼ばれており、使用される原材料にも違いがあります。
例えば合成添加物の不使用という点です。
人のからだにとって不必要ともいえる添加物が全く使用されていないのですから、多少人が食べても問題がないといえるでしょう。
もちろん犬にとっても、安心できる原料を使っている点など、ヒューマングレードドッグフードはメリットが豊富です。
多少値段は高くなってしまいますが、愛犬の健康のため、選択肢に含んでみてもよいでしょう。

犬の餌が、動物にとって安全な食べ物とはいえ、人間がドッグフードを食べ続けるのは止めたほうが良いでしょう。